無線機・インカム・トランシーバーレンタルナビHOME » 無線機・インカム・トランシーバーの基礎知識 » イベントごとでトランシーバーがおすすめといえる3つの理由

イベントごとでトランシーバーがおすすめといえる3つの理由

トランシーバーとは、送信機という意味のトランスミッターと受信機という意味のレシーバーという言葉を合わせて作られた造語で、1台の機械で送受信の両方が出来るものの事を言います。最近では、ヘッドセットやイヤホンマイクのついたトランシーバーをインカムと呼ぶ方もおられますが、このトランシーバーはイベントごとにとてもおすすめの機器なのです。どういった点がおすすめなのか、見ていきましょう。

無料で連絡が取れる

イベントごとでは、お客様や現場の状況を各スタッフに知らせたり、不慮の事態に備えたりするためにスタッフ同士で連携を密にする必要があります。何かある度にわざわざ各スタッフのところに足を運んで情報を伝えていたのでは、いざという時に対応しきれませんし、迅速な対応が出来なければお客様も不満を抱くでしょう。そのために、すぐに全員に連絡が取れるような態勢を敷いておく必要があるのです。

そういった事なら、携帯電話やスマートフォンを使えばいいのでは、と思う人もおられると思います。ですが、携帯電話やスマートフォンでは、通話ごとに料金がかかってしまう、という難点があるのです。通話料金を気にして、連絡を最低限に抑えたりしていては、円滑で迅速なイベント運営が不可能になってしまいます。

そんな時に、役に立つのがトランシーバーなのです。トランシーバーは基本的に通話料がかかりませんし、通話料が必要なものも月額料金が決まっていますから、通話料金を気にせずに使用することが出来ます。連絡すべきかどうか迷うような事でも各スタッフに安心して連絡する事が出来ますから、それによって、イベントを円滑に運営することが出来るのです。これは、携帯電話やスマートフォンにはない利点でしょう。

携帯しやすい

トランシーバーがイベントごとで使用するのに便利な理由の一つに、携帯しやすいというものがあります。トランシーバーとは、送信機と受信機が一体になったもので、据え置き型の大きなものもありますが、手のひらにすっぽり収まってしまうような小型のものもありますから、携帯に便利なのです。携帯電話やスマートフォンよりも厚みはありますが、クリップで胸元やバッグに装着しておく事も出来ますから、ポケットに入れておくよりも取り出しやすく、迅速に行動する事が出来ます。携帯電話やスマートフォンではそうはいきませんよね。

それに、トランシーバーにはすぐに使える、という利点もあります。携帯電話やスマートフォンでは、ポケットから出して画面を開いたり、電源を入れたりしてから通話ボタンを押す事で通話をすることが出来ます。さらに、こちらから発信する場合は電話番号を押したり、アドレス帳を開いて相手を選択したりしなくてはいけません。ですが、トランシーバーをシャツの胸元に付けておけば、ボタンを押してそのまま少し口元に引っ張り上げるだけで話すことが可能になりますし、聞く時には勝手に受信するので何もしなくてもいいのです。ボタンの数が少なくて操作が簡単なのも便利ですね。

来場者が多いイベント会場で、頻繁に連絡を取る場合、こうした少しの手間が大きな利便性の違いを生むのです。あなたがお持ちの携帯電話やスマートフォンに、頻繁に電話がかかってくる事を考えてみてください。また、こちらからも頻繁に連絡を入れなくてはいけない、となったらどうでしょうか。しかも、入場者の整理などのイベントの対応をしながらそれをしなくてはいけないのです。トランシーバーがどれほど便利か分かりますよね。

設定次第で様々なパターンの送受信が可能

トランシーバーの基本的な使い方は非常に簡単です。PTTボタンを押しながら話すと、相手にその内容が伝わります。ボタンを押している間は相手の声は聞こえません。ボタンを押して話し、ボタンを離して聞く、というのが基本的な使い方です。トランシーバーで話している場面で、最後に「どうぞ」と言うのを聞いたことがある人もいると思います。それは、こちらの話は終わったので、今度はそちらがボタンを押して話してください。という意味です。そうしないと、相手がボタンを押している時は、こちらがどれだけ話しても相手には聞こえないからです。

このように、簡単で便利なトランシーバーの大きな利点の一つとして、全員に一斉送信することが可能、という事があります。携帯電話やスマートフォンでは、ラインやメールを一斉送信する事は出来ますが、一対複数の通話は簡単には出来ません。たくさんいるスタッフの全員に一人一人電話をかけていたのでは、かなりの時間の無駄になってしまいます。

ですが、一人だけに連絡を取りたい時もあるでしょう。自分に関係のない通話まで聞かされるのは、無駄があります。そういう時には秘話モードにすればその人にだけ連絡を取ることも可能です。また、トランシーバーはチャンネルを合わせないと通信が出来ないのですが、それを利用してグループ分けすることも可能です。このように、トランシーバーは設定次第で様々な使い方が出来るのです。

トランシーバーは、一度に全員に通信できるなど、とても便利な機械ですが、通信が傍受される恐れがあったり、違法な危機が出回っていたりと危険性がない訳ではありません。そういった事も理解して、利用してください。

レンタル業者料金早見表をCHECK
初めての無線機・インカム
トランシーバーレンタル
その1.機種を知るべし
その2.バックアップ
サポート内容を見るべし
その3.対応時間・保証
サービスを比較すべし
その4.レンタル価格を見るべし
その5.レンタル無線機を
使う時の注意点を知るべし
無線機・インカム
トランシーバーの基礎知識
無線機をレンタルするのに
免許申請が必要?
無線機レンタルの出力と
通信距離の関係は?
スマホを無線機や
トランシーバー代わりにできる?
導入するなら知っておくべき
トランシーバーとインカムの
決定的な違い
無線機の電波型式とは?
知っておきたいアナログと
デジタルの違い
電波干渉なんてなかった!
デジタルトランシーバーの
知られざる性能
レジャーで活躍!
無線機トランシーバーをご紹介
イベントごとでトランシーバーが
おすすめといえる3つの理由
無線機・インカム・トランシーバー
レンタルはどんな場面で便利なの?
レンタル無線機オススメ
業者カタログ[最新]
インカム.com
ウェッジ
レントシーバー
エクセリ
STJレンテック
オンザウェイ
eインカム
ダスキンレントオール
サムシング・ニュー
城山
日栄ムセン
ワンストップ
コミュニケーションズ
ネクストギアーズ
ジャパンエニックス
レンタル無線機.COM
RS東和
信越無線
三和システムサービス
電波コール
業種で選ぶ業務用無線機
インカムレンタルガイド
飲食店
警備業
イベント業
建設業
宿泊施設
商業施設
工場・配送センター
自治会・学校
個人・レジャー利用
介護
駐車場
ハイキング・登山
日本で主流の無線機
メーカー5社の特徴を比較
アイコム
KENWOOD
八重洲無線(STANDARD)
モトローラ
アルインコ

© 無線機・トランシーバー・インカムのレンタル業者比較サイト All Rights Reserved.