無線機・インカム・トランシーバーレンタルナビHOME » 無線機・インカム・トランシーバーの基礎知識 » スマホを無線機やトランシーバー代わりにできる?

スマホを無線機やトランシーバー代わりにできる?

出力によって変わる通信距離

最近ではスマホアプリやガジェットを利用することで、スマホを無線機・トランシーバーとして使えます。誰しも常に持ち歩くものなので様々なシーンで使えるのが特徴。例えば、祭りやイベントなどの人ごみで家族や仲間と離ればなれになった時でも、複数人で会話できるため便利ですよ。ここでは、スマホアプリの無線機・トランシーバー機能についてメリットとデメリットを紹介しています。「スマホを無線機にするって、どんな感じだろう?」と思っている方はぜひ参考にしてください。

スマホアプリのメリット

スマホを無線機・トランシーバーとして使用するには専用アプリのダウンロードが必要です。アプリをダウンロードさえすれば、誰でも簡単に使えますよ。代表的なアプリはインターネットを利用して通信できる「Zello」やBluetoothを介して通信できる「Motolky」です。「Zello」は会話の音声ログを保管できる機能がついており、聞き取れなかった会話を後で聞くことができますよ。「Motolky」はAndroid端末同士をBluetoothで繋いで会話できるアプリです。Bluetoothなのでバッテリーが長持ちします。どちらも無料で利用できますよ。

自分のスマホにアプリを落とすだけでいいので、無線機・トランシーバーが急きょ必要となった場合でも購入する費用や時間がかからないので、忙しい人や費用を抑えたい人におすすめです。

スマホアプリのデメリット

スマホアプリが無線機・トランシーバーとして機能する範囲は、狭くて限られたエリアだけです。Bluetoothを使ったものだと20メートル前後が限界。そのため、屋外で無線機・トランシーバーとして使用するには向いていません。

またインターネットを介して無線機・トランシーバーとして使用している場合は、通信回線エリアやWi-Fiの届かないエリアだと利用NG。街中で使う分には便利なのですが、電波の届かない田舎へ行くと不便です。

また無料でダウンロードできる反面、保証やサポートなどは十分ではないスマホアプリ。不具合が起きてしまった場合は、自分で対処するしかありません。

アプリでスマホを無線機・トランシーバーとして使うには現状だと課題が多く、まだ難しいかもしれません。例えばBluetoothやインターネットを介した無線機アプリでは、通信可能エリアが限られています。野外で使う場合は、広い範囲で通信ができることやクリアな音を相手に伝えることが必要です。野外で使用を考えている方は、スマホを無線機・トランシーバー化したものではなく、本物の無線機・トランシーバーを使うのがいいでしょう。しかし、購入すると1万円~11万円ほどかかります。予算を抑えたい方は、無線機・トランシーバーをレンタルするとリーズナブルに使えますよ。

© 無線機・トランシーバー・インカム、レンタルまるわかりナビ All Rights Reserved.