無線機・インカム・トランシーバーレンタルナビHOME » 無線機・インカム・トランシーバーの基礎知識 » スマホを無線機やトランシーバー代わりにできる?

スマホを無線機やトランシーバー代わりにできる?

出力によって変わる通信距離

最近ではスマホアプリやガジェットを利用することで、スマホを無線機・トランシーバーとして使えます。誰しも常に持ち歩くものなので様々なシーンで使えるのが特徴。例えば、祭りやイベントなどの人ごみで家族や仲間と離ればなれになった時でも、複数人で会話できるため便利ですよ。ここでは、スマホアプリの無線機・トランシーバー機能についてメリットとデメリットを紹介しています。「スマホを無線機にするって、どんな感じだろう?」と思っている方はぜひ参考にしてください。

スマホアプリのメリット

スマホを無線機・トランシーバーとして使用するには専用アプリのダウンロードが必要です。アプリをダウンロードさえすれば、誰でも簡単に使えますよ。代表的なアプリはインターネットを利用して通信できる「Zello」やBluetoothを介して通信できる「Motolky」です。「Zello」は会話の音声ログを保管できる機能がついており、聞き取れなかった会話を後で聞くことができますよ。「Motolky」はAndroid端末同士をBluetoothで繋いで会話できるアプリです。Bluetoothなのでバッテリーが長持ちします。どちらも無料で利用できますよ。

自分のスマホにアプリを落とすだけでいいので、無線機・トランシーバーが急きょ必要となった場合でも購入する費用や時間がかからないので、忙しい人や費用を抑えたい人におすすめです。

スマホアプリのデメリット

スマホアプリが無線機・トランシーバーとして機能する範囲は、狭くて限られたエリアだけです。Bluetoothを使ったものだと20メートル前後が限界。そのため、屋外で無線機・トランシーバーとして使用するには向いていません。

またインターネットを介して無線機・トランシーバーとして使用している場合は、通信回線エリアやWi-Fiの届かないエリアだと利用NG。街中で使う分には便利なのですが、電波の届かない田舎へ行くと不便です。

また無料でダウンロードできる反面、保証やサポートなどは十分ではないスマホアプリ。不具合が起きてしまった場合は、自分で対処するしかありません。

無線機と携帯電話・PHSはどう違う?

無線機は離れたところにいる人と会話をするためのものですが、携帯電話やPHSとはどのように違うのでしょうか?

それぞれの特徴から、その違いについて解説していきましょう。

操作性の違いについて

無線機と携帯電話・PHSの第一の違いとして、操作性の違いを挙げることができます。

携帯電話やPHSはご存知の通り、会話をしたい相手の電話番号を入力、もしくは検索して、その電話番号を選択することで相手にコンタクトを取ります。

そして、相手が電話に出るまで待って、電話に出たらやっと会話がスタートするという仕組みです。

ですが、トランシーバーやインカムなどの無線機は、コードについているボタンを押すだけで相手に話しかけることができます。

話しかけられた相手のイヤホンには自分の声が流れ、相手側も自分の無線機のコードについているボタンを押すだけで、こちら側に話しかけられます。

会話ができる相手について

携帯電話やPHSと無線機との最大の違いは、会話ができる相手が異なるということです。

携帯電話やPHSは、電話をかけた相手にしか通信できませんが、インカムやトランシーバーなどは、同じ周波数を利用している人全てと通信ができます。

多くの人に伝えたいことがある場合でも、無線機を通して話せば、放送のように一度で伝えることができるというのは、携帯電話やPHSとの大きな違いです。

通信料金の違いについて

無線機は、何分、何時間継続して通信をしていようが、通信料は無料です。

携帯電話やPHSのようにキャリアの通信プランを使うこともなく、通信料無料で会話をすることができます。

広い範囲で私用したい場合は「電波使用料」を支払わなければなりませんが、電波使用料は定額なので、通信している時間によって料金が加算される携帯電話やPHSよりもコストを削減することが可能です。もちろん、トランシーバーなどをレンタルする場合は、レンタル料金も必要となります。

回線の混雑に影響されない

携帯電話やPHSを使っていれば、多くの人が集中的に使用している際に、電話が繋がりにくくなった経験をした方も多いと思います。ですが、無線機は回線混雑などの電波障害の影響を受けず、いつでもスムーズに相手に連絡を取ることができるのです。

これは、災害のときなどでも同様で、緊急時に連絡を取りたいときの手段として、インカムやトランシーバーは大活躍するでしょう。

通信範囲の違い

「無線機は通信範囲が狭い」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

確かに無線機は、携帯電話よりも通信範囲が狭いのですが、「中継器」を使用することで範囲を広げられます。

更に、デジタル無線機やネットワーク対応無線機などを利用すれば、広い範囲での通信も可能で、ネットワーク対応無線機では、IPネットワークの接続や無線LANアクセスポイントの増設をすれば、簡単に通信範囲の拡大が可能です。

そして、携帯電話が圏外になる環境であっても、無線機であればどこでも通信ができます。

携帯電話・PHSとの違いをまとめてみよう

携帯電話やPHSと無線機の違いをご紹介してきましたが、最後に、特徴的な部分について比較できるようにまとめてみました。

インカムなどの無線機レンタルを考えている方は、こちらの比較表で、携帯電話やPHSとどちらが使用に適しているか考えてみてください。

項目 無線機 携帯電話・PHS
通信の待ち時間 なし 相手が出るまでの間発生
通信開始 ボタンを押すだけ 番号を検索、入力して発信
通信相手 1対複数 1対1
通信方法 相手と交互に発信する 両方から発信可能
通信料 なし 通信時間によって加算
回線混雑 影響なし 影響あり
通信範囲 拡大も可能 世界中と通信可能
圏外 なし あり

アプリでスマホを無線機・トランシーバーとして使うには現状だと課題が多く、まだ難しいかもしれません。例えばBluetoothやインターネットを介した無線機アプリでは、通信可能エリアが限られています。野外で使う場合は、広い範囲で通信ができることやクリアな音を相手に伝えることが必要です。野外で使用を考えている方は、スマホを無線機・トランシーバー化したものではなく、本物の無線機・トランシーバーを使うのがいいでしょう。しかし、購入すると1万円~11万円ほどかかります。予算を抑えたい方は、無線機・トランシーバーをレンタルするとリーズナブルに使えますよ。

レンタル業者料金早見表をCHECK
初めての無線機・インカム
トランシーバーレンタル
その1.機種を知るべし
その2.バックアップ
サポート内容を見るべし
その3.対応時間・保証
サービスを比較すべし
その4.レンタル価格を見るべし
その5.レンタル無線機を
使う時の注意点を知るべし
無線機・インカム
トランシーバーの基礎知識
無線機をレンタルするのに
免許申請が必要?
無線機レンタルの出力と
通信距離の関係は?
スマホを無線機や
トランシーバー代わりにできる?
導入するなら知っておくべき
トランシーバーとインカムの
決定的な違い
無線機の電波型式とは?
知っておきたいアナログと
デジタルの違い
電波干渉なんてなかった!
デジタルトランシーバーの
知られざる性能
レジャーで活躍!
無線機トランシーバーをご紹介
イベントごとでトランシーバーが
おすすめといえる3つの理由
無線機・インカム・トランシーバー
レンタルはどんな場面で便利なの?
レンタル無線機オススメ
業者カタログ[最新]
インカム.com
ウェッジ
レントシーバー
エクセリ
STJレンテック
オンザウェイ
eインカム
ダスキンレントオール
サムシング・ニュー
城山
日栄ムセン
ワンストップ
コミュニケーションズ
ネクストギアーズ
ジャパンエニックス
レンタル無線機.COM
RS東和
信越無線
三和システムサービス
電波コール
業種で選ぶ業務用無線機
インカムレンタルガイド
飲食店
警備業
イベント業
建設業
宿泊施設
商業施設
工場・配送センター
自治会・学校
個人・レジャー利用
介護
駐車場
ハイキング・登山
日本で主流の無線機
メーカー5社の特徴を比較
アイコム
KENWOOD
八重洲無線(STANDARD)
モトローラ
アルインコ

© 無線機・トランシーバー・インカムのレンタル業者比較サイト All Rights Reserved.